一般社団法人日本石材産業協会お墓ディレクター(2級)が在籍する 安心サポートのお店 岩岡石材(有)

三次市の墓石のお悩みはお墓ディレクター在籍の岩岡石材(有)へご相談ください。

墓じまい

墓じまいについて


近年お墓という物の考え方が世間の間で変わってきているのを感じます。永代供養墓、樹木葬、散骨など様々な形態の供養の仕方を選べるようになってきています。
 墓じまいもその一つで、都会に引っ越されて実家のお父様お母様が亡くなられた後、空き家の管理とお墓の管理、毎日の生活をしながららなかなか簡単にできる物ではありませんよね。
 現住所の近くにお墓を購入して、遺骨のみをお引っ越しさせる。そして空になった墓石や外柵は綺麗に処分してしまう。これが墓じまいです。
 放置されて無縁墓状態になってしまうのは避けたいところですし、遠方からのお墓参りや墓守が難しいのであれば、潔く処分して、新たな供養の方式をとっていかれる方がご先祖様もご納得頂けるかと思います。
 処分に対して抵抗が有りどうしても折り合いが付かない場合には、岩岡石材(有)のお墓参り代行サービスご利用ください。ご家族に代わり心を込めてお参りいたします。
 

墓じまい

墓じまいの作業の一例

 お寺さんや神主さんにお性根抜き(魂抜き)をしていただいくと、お墓はただの石に戻ります。これを閉眼法要といいます。
 閉眼法要を終えた後の作業の一部です。
 まず墓石を竿石(仏石)から上から順に解体していきます。
 墓じまい作業前 
岩岡石材(有)では竿石のみは当社管理の永代供養所に持って行きます。こちらは年に1度お寺さんに供養して頂いております。
 カニクレーン
 スペースが十分とれる場所なら、このカニクレーンを使って解体作業を行います。
 竿石以外の台石等は福山市の墓石専用処分場に持って行き、処分料を払い引き取っていただいています。
墓じまい作業後

 灯籠や拝石も全て撤去しお骨を骨穴から出して、穴を埋めます。
 

墓じまい作業後
 綺麗に撤去して完了です。こちらの墓地の場合はブロック塀を2方向だけ残してあります。

 
 
  

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional